腰痛などの厄介な症状は、適切な病院で治療できる

適切な検査を受けて リスクを回避しよう

詳しい様子が分かる

心臓の病気では、突然発作が起きてしまうため、対応ができず問題なのです。心臓ドックにの検査では、心臓の筋肉の様子や動脈効果のチェックなども行えるため、対策に利用できます。

詳しく読む

健全な睡眠のために

夜中になってもなかなか寝付けない人は多くいます。うつ病などの症状が関係している場合もあるため、睡眠障害専門の病院にいくことで、こうした問題を解消できるでしょう。

詳しく読む

病への対策

虚血性心疾患について

厚生労働省の調べによると、心臓疾患は、日本人の死亡原因の第2位なのだそうです。中でも、虚血性心疾患による死亡数は多いと言われています。虚血性心疾患は、心臓の血管である冠動脈が狭くなったり詰まったりすることによって起こる心筋の重篤な酸素不足状態であり、狭心症と心筋梗塞に分けられます。狭心症は労作時などに起こる一過性の発作のことで、心筋梗塞は血管が完全に詰まることによって起こる心筋の壊死のことです。虚血性心疾患のハイリスク因子には、高血圧、糖尿病、脂質代謝異常、喫煙、心疾患の家族歴などが挙げられます。このようなハイリスク因子に心当たりがある人や、運動時に胸が痛くなるなどの自覚症状のある人は、積極的に心臓ドックを受けておくべきです。

心臓ドックの内容について

心臓ドックは、様々な病院やクリニックで受けることができます。施設によって検査の内容が変わってくるため、何を受けるべきかを確認しましょう。一般的な検査の内容は以下のようなものです。まず、心臓ドック当日は、朝食を抜いて来院します。問診をしたら、採血、尿検査などの検体検査を行います。次に心電図、脈波、肺機能検査などの生理機能検査を行います。眼底検査が行われることもあります。次に超音波検査です。心エコーや頚動脈エコーを行います。最後は胸部X線写真や冠動脈CTといった放射線検査です。冠動脈CTでは、非常に細い冠動脈を観察するために造影剤という薬を用います。造影剤は、腎機能が悪い場合やアレルギーがある場合には使用できないことがあるため医師の判断に基づいて行われます。最後に心臓ドックの結果について医師から説明があります。一次検査で異常が発見された場合、速やかに治療に入ることができます。心臓ドックを受けることで、心疾患を早期に発見したり、自分自身のリスク因子を把握したりすることができるのです。

重要な分析

生物学において免疫沈降の実験は重要なもので、有益な抗体の発見に役立てることができます。サンプルの質が高くなるほど、競売などでも高価なものとなるなど、この分析は重要なものなのです。

詳しく読む